―この作品は、「小説宝石」掲載時には、それぞれのエピソードが独立していました。そこに丁寧に手を入れて、全体を一つの物語として完成度の高い作品に仕上げられましたが、当初から現在の形をお考えだったのでしょうか? 最初の一作目をお書きになった段階ではその予定ではなかったとしたら、どの段階で、各作品の繋がりを意識されたのでしょうか?

作品タイトル:【新刊インタビュー】

記事名:『雨の中の涙のように』刊行記念 遠田潤子 インタビュー

作者名:小説宝石  hosekikobunsha

|その他|連載中|1話|5,616文字

新刊, 光文社, インタビュー, 小説