―また作中では、ポイントになる場面で雨を降らせていらっしゃるように感じました。第一章の別れの場面、第四章の出会いの場面、それに過去と訣別するきっかけを得る場面、第六章で結ばれる場面、そして第三章、第七章、最終章では葉介の人生の重要な場面……。「雨」を小説の演出上でどういう風に意識して使っていらっしゃるのでしょうか? 雨に対する思いやお考えもうかがえましたら。

作品タイトル:【新刊インタビュー】

記事名:『雨の中の涙のように』刊行記念 遠田潤子 インタビュー

作者名:小説宝石  hosekikobunsha

|その他|連載中|1話|5,616文字

新刊, 光文社, インタビュー, 小説