―葉介が別荘地のレストランで潜れなくなった潜水士と出会う第四章に、作品のタイトルである「雨の中の涙のように」というフレーズが映画『ブレードランナー』の中の台詞(せりふ)として出てきますね。辛(つら)い苦しい思い出でも、消えていくことのたとえとして語られています。このタイトルをお選びになった理由はどういうところにあるのでしょうか?

作品タイトル:【新刊インタビュー】

記事名:『雨の中の涙のように』刊行記念 遠田潤子 インタビュー

作者名:小説宝石  hosekikobunsha

|その他|連載中|1話|5,616文字

新刊, 光文社, インタビュー, 小説