―今までの作品との違いの一つとして、堀尾葉介という存在がありますね。スターとしての輝きを持ち、だれもが好感を持つ男が肯定的に現れてくる。これまでの遠田作品にはあまり登場することのないタイプだと思いました。葉介について、うかがいたいのですが、彼のキャラクターが生まれたきっかけのようなものはあるのですか?

作品タイトル:【新刊インタビュー】

記事名:『雨の中の涙のように』刊行記念 遠田潤子 インタビュー

作者名:小説宝石  hosekikobunsha

|その他|連載中|1話|5,616文字

新刊, 光文社, インタビュー, 小説