甲子園の神整備!唯一無二のお仕事小説『あめつちのうた』

文字数 542文字

「甲子園の神整備」――。

野球の聖地・甲子園のグラウンド整備を請け負う職人集団「阪神園芸」を舞台にした、唯一無二のお仕事小説『あめつちのうた』(朝倉宏景・著)。新人グラウンドキーパーを主人公に、阪神園芸の「神業」の秘密を余すことなく描きます!


文庫版の刊行を記念したスペシャル企画として、PV動画豪華25ページ試し読みを公開の上、なんとスピンオフ「雨を待つ」を全文公開いたします!

私たちの普段の仕事がリアルに描かれていて、あっという間に読み終えた。

この本を読んで、スポーツを支える裏方たちの喜びを、苦労を、努力を知ってもらえたらうれしい。


――阪神園芸株式会社 スポーツ施設本部

  甲子園施設部長 金沢健児

『あめつちのうた』豪華25ページ試し読みを特別公開!

こちらから


スピンオフ「雨を待つ」をなんと全文公開!

→近日公開!お楽しみに。

『あめつちのうた』(朝倉宏景・著)

講談社文庫


この夏も人生も、一度きり。

運動神経ゼロの雨宮大地は高校卒業後、野球の聖地・甲子園で働くことに。グラウンド整備を請け負う職人集団「阪神園芸」の新人として憧れの地を踏むも、仕事は失敗続き。落ち込む大地だったが、夢に向かってもがく同世代の仲間たちと出会い、自分の弱さと向き合うことを決意し――。涙の青春×お仕事小説!

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色