〈7月15日〉 まさきとしか

文字数 1,940文字

ボクは(いぬ)

 ボクは(いぬ)人間(にんげん)のおかあさんと()らしている。一人(ひとり)と一(ぴき)()らしだ。
 おかあさんは(しょう)(せつ)()だ。(つくえ)(うえ)()(かく)いものをカタカタたたく()(ごと)らしい。ボクはソファにねそべって、おかあさんの()(なか)()ながらその(おと)()くのがすきだ。カタカタカタ。おかあさんの(ゆび)()らす(おと)。おかあさんがそばにいる(おと)。だから、安心(あんしん)して(ねむ)くなる。
 でも、このごろ、おかあさんはカタカタをしない。(いち)(にち)(じゅう)、ボクをなでている。カタカタもすきだけど、おかあさんになでてもらうのはもっとすきだ。
 いま、ボクをなでながらおかあさんは()いている。さっき、おかあさんのだっこで(そと)()ったとき、()らないおばさんがボクを()て、「かわいそう」と()ったせいかもしれない。ボクの()()えなくて、ボクが()てないからだろう。
 ボクは「かわいそう」の意味(いみ)()らない。
「たのしい」は、(くさ)(うえ)(はし)るときの気持(きも)ち。「うれしい」は、おやつをもらうときの気持(きも)ち。「だいすき」は、おかあさんを(おも)気持(きも)ち。ぜんぶまとめて、しあわせな気持(きも)ち。()(かい)がかがやいて、しぜんとシッポがパタパタ(うご)く。でも、「かわいそう」は意味(いみ)がわからないのに、しぜんとシッポがさがるんだ。
 かわいそう――。その(こと)()はずっと(むかし)、おかあさんと()らす(まえ)にも()いたことがあった。
 ボクは、(さい)(しょ)()(ぞく)()てられた。そのときはもう()()えなくて、ゲリがとまらなくて、よごれていて、くさかった。そんなボクのことを、みんなは「かわいそう」って()ったけど、おかあさんだけは「かわいい」って(わら)ってくれた。
 あれからどのくらいたつのだろう。もうすぐボクはモフモフの(からだ)()いで、キラキラしたひかりになっておかあさんを()らす。ときどき、(かぜ)になる。(そら)になる。スズメになる。(はな)のにおいになる。そうして、おかあさんに(はな)しかけるよ。
 人間(にんげん)って、しあわせよりも、つらいことに()()けるいきものらしいから、きっとおかあさんは()くだろう。でも、ボクがいなくなったことじゃなくて、ボクがいたことを()て。よごれたボクを「かわいい」って()ってくれたあのときのように、くらいところじゃなくて、あかるいところを()て。そうじゃないと、ボクの(こえ)()きのがしてしまうから。
 ボクはいつかまた()まれて、おかあさんに(あい)()(おく)る。だから、()のがさないようにしあわせをちゃんと()て。そこにボクはいるから。
 ボクはしあわせ。その(しょう)()に、シッポをゆらすから()ていてね。そうしたら、ちょっとだけバイバイね。


まさきとしか
1965(ねん)()まれ。札幌市(さっぽろし)在住(ざいじゅう)。2007(ねん)()()(めぐ)る」で(だい)41(かい)北海道(ほっかいどう)新聞(しんぶん)文学(ぶんがく)(しょう)創作(そうさく)(ひょう)(ろん)()(もん))を(じゅ)(しょう)。2008(ねん)(よる)(そら)(ほし)の』で作家(さっか)としてデビュー。著書(ちょしょ)に『熊金(くまがね)()のひとり(むすめ)』『完璧(かんぺき)母親(ははおや)』『ある(おんな)証明(しょうめい)』『大人(おとな)になれない』『いちばん(かな)しい』『玉瀬(たませ)()(きゅう)(ぎょう)(ちゅう)。』『ゆりかごに()く』『(くず)結晶(けっしょう)』がある。

近刊(きんかん)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み