〈7月10日〉 小前亮

文字数 2,591文字

(けん)()(きょう)のなかの()(らい)


 (ゆめ)()ているのだとはわかっていた。
 ぼくはその感染(かんせん)(しょう)治療法(ちりょうほう)完成(かんせい)まで、あと(いっ)()にせまっていた。(くすり)完成(かんせい)すれば、(やまい)(くる)しむ()(かい)(じゅう)(ひと)(すく)える。ぼくは英雄(えいゆう)になる。いや、ぼくのことはどうでもいい。()(しゃ)である()(じょう)患者(かんじゃ)(すく)うのが一番(いちばん)目的(もくてき)だ。そう()()かせながら、ぼくは()(ぶん)()づいている。たしかに、英雄(えいゆう)になんかならなくていい。(めい)()はいらない。でも、(だれ)にも()けたくない。
 (ねつ)()(せい)()があれば、(なん)だって達成(たっせい)できる。()(みち)()(りょく)すれば、()きづまることなんかない。ぼくは(しん)じていた。
 実験(じっけん)成功(せいこう)した。(けん)()(きょう)のなかで、細菌(さいきん)()えていた。ここちよい達成感(たっせいかん)とともに、(ゆめ)はいつもそこで()わる。本当(ほんとう)大変(たいへん)なのはそれからなのだけど。
 ()()めると、ぼくはため(いき)をついた。(いま)のぼくには、()(ごと)がない。もう五ヵ(げつ)(ちか)く、(じょう)(ねつ)をもてあます日々(ひび)(おく)っている。(りゅう)(がく)させてくれた(くに)(おん)(かえ)す。そう(ちか)って、あまたの(さそ)いを(ことわ)って(かえ)ってきたのに。
 ぼくは(おん)()にたてついた、とみなされていた(ぼくは(りゅう)(ねん)をくりかえしていたので、(おん)()といっても同学年(どうがくねん)だ)。実際(じっさい)は、学問(がくもん)(じょう)反対(はんたい)()(けん)(しゅ)(ちょう)しただけだ。だけど、(おん)()、というよりその()()きの(れん)(ちゅう)は、ぼくを徹底的(てっていてき)(はい)(じょ)した。(にっ)(ぽん)(じゅう)(びょう)(いん)(けん)(きゅう)(じょ)()(まわ)して、ぼくを(はたら)かせないようにした。くやしくて、もどかしくて、毎日(まいにち)(ゆめ)()る。
 今日(きょう)は、(もと)(じょう)()(しょう)(かい)で、(たす)けてくれそうな(ひと)()うことになっている。()(かん)になると、ぼくは服装(ふくそう)をととのえて(いえ)()た。
 (あき)(そら)(たか)く、(あお)()んでいる。
 ()()まっている(ひま)はない。(なお)すべき(びょう)()はたくさんあるのだ。ペスト、コレラ、(せき)()(きょう)(けん)(びょう)、インフルエンザ……。

 ……(めい)()二十五(ねん)(がつ)北里(きたざと)柴三郎(しばさぶろう)は、()(しょう)(ふう)(きん)(じゅん)(すい)培養(ばいよう)成功(せいこう)血清(けっせい)(りょう)(ほう)確立(かくりつ)というノーベル賞級(しょうきゅう)(せい)()をあげて、ドイツ(りゅう)(がく)から()(こく)する。しかし、東大(とうだい)対立(たいりつ)していたため、(にっ)(ぽん)ではその才能(さいのう)にふさわしい(けん)(きゅう)()(しょ)()られなかった。同年(どうねん)十一(がつ)北里(きたざと)福沢(ふくざわ)()(きち)らの()(えん)()て、伝染(でんせん)(びょう)研究所(けんきゅうじょ)設立(せつりつ)した。このたった六(しつ)研究所(けんきゅうじょ)から、(にっ)(ぽん)感染症(かんせんしょう)研究(けんきゅう)ははじまっている。


小前亮(こまえ・りょう)
1976(ねん)(しま)()(けん)()まれ。東京(とうきょう)大学(だいがく)大学院(だいがくいん)修了(しゅうりょう)在学中(ざいがくちゅう)より(れき)()コラムの執筆(しっぴつ)(はじ)める。(有)らいとすたっふに入社(にゅうしゃ)()()(なか)(よし)()()(すす)めで小説(しょうせつ)執筆(しっぴつ)にとりかかり、2005(ねん)、『()(せい)(みん)』でデビュー。『(とう)(げん)(そう)()』『(てん)()一統(いっとう) ()皇帝(こうてい)永遠(えいえん)』『(りゅう)(ゆう) (ごう)(けん)皇帝(こうてい)』など著書(ちょしょ)()(すう)。『三国(さんごく)()』『真田(さなだ)(じゅう)(ゆう)()』『新選組(しんせんぐみ)(せん)()』など()(どう)()けの小説(しょうせつ)数多(かずおお)刊行(かんこう)している。

近刊(きんかん)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み