〈7月2日〉 倉橋燿子

文字数 2,772文字

『夜カフェ』相談室


毎週(まいしゅう)恒例(こうれい)の、『(よる)カフェ』オンライン相談(そうだん)(しつ)時間(じかん)で~す!」
 あたし、黒沢(くろさわ)(はな)()はスマホに()かって(こえ)をかける。ラジオのパーソナリティー()()りだ。
「きょうの相談(そうだん)(しゃ)(だれ)でしょう?」
 親友(しんゆう)山田(やまだ)星空(ティナ)ちゃんが(つづ)いた。
 ティナちゃんとあたしは(おな)中学(ちゅうがく)の二年生(ねんせい)。あたしの叔母(おば)さんが(いとな)むカフェを()りて、みんなで(ゆう)ごはんを()べる場所(ばしょ)(よる)カフェ』をいっしょに(ひら)いている。(おや)(いそが)しくて、一人(ひとり)でごはんを()べている小学生(しょうがくせい)中学生(ちゅうがくせい)対象(たいしょう)だ。
 その『(よる)カフェ』では(いま)、オンラインで相談(そうだん)(しつ)開催(かいさい)(ちゅう)自粛(じしゅく)(ちゅう)(あつ)まれなくなった(とき)(はじ)めたのがきっかけで、(いま)(つづ)けている。
「きょうの相談(そうだん)(しゃ)は、(ちゅう)二の(さくら)()(うらら)ちゃんでーす!」
 あたしは(うらら)ちゃんのスマホの画面(がめん)()かって、()をふった。
 (うらら)ちゃんは()(おお)きくて、はっきりした(かお)だちをした大人(おとな)しい(おんな)()だ。
「あの……、わたし……、(とも)だちが、ぜんぜんできないの……」
 (うらら)ちゃんは、うつむいたままボソボソと()う。
「あれま、それじゃ、あたしやハナビと(おな)じじゃないの」
 ティナちゃんがすかさずコメントした。あたしもすぐに(つづ)ける。
「そうなの。あたしもティナちゃんも、学校(がっこう)では、ずっと一人(ひとり)ぼっちだったの」
「えーっ!?」
 (うらら)ちゃんはまっすぐに画面(がめん)()つめた。()(おお)きく()(ひら)いている。
 (おな)体験(たいけん)があると()って安心(あんしん)したのか、(うらら)ちゃんはゆっくりと(はな)()した。
「あの、わたし……、中学(ちゅうがく)から東京(とうきょう)()たから、()()いはいなくて……。クラスには(おな)小学校(しょうがっこう)から()(ひと)たちが(おお)くて、すぐにグループができちゃって……。部活(ぶかつ)にも(はい)りそびれたまま一年生(ねんせい)()わって、二年生(ねんせい)になっても休校(きゅうこう)(つづ)いて……。ずっと一人(ひとり)ぼっち……」
「わかるなあ。すごくわかる……」
 あたしは自分(じぶん)のことを(おも)()かべて()う。
「わたし、学校(がっこう)()くのがいやでたまらない……」
「そりゃあ、そう(おも)っちゃうよね……」
 ティナちゃんがうなずく。あたしも(ちい)さく(いき)をついて()う。
「あたしもね、ぼっちをやめたいって、(おも)()って(はな)しかけたりもしてるんだけど、クラスでは、あいかわらずぼっち(つづ)いてて……」
「わたしは()()わない()と、むりして()れるくらいなら、ぼっちのほうが気楽(きらく)だな」
 きっぱりと()ったティナちゃんの言葉(ことば)に、(うらら)ちゃんが( いっ)(しゅん)(いき)()んだのがわかった。
「そんなふうに(かんが)えてみたこともなかった。わたしは、(ひと)からどう()られてるんだろうって、いつもビクビクしてる。(くら)()だとか、つまんない()だとかって(おも)われているんじゃないかって、いろいろ(かんが)えちゃって……。ああ、でも、なんか、ふしぎ。(はな)しているうちに、ちょっとだけ(こころ)(かる)くなってきちゃった」
()かった-!!」
 ティナちゃんとあたしは、同時(どうじ)(こえ)をあげた。そうなんだ。(ちか)くに(はなし)()いてくれる(ひと)がいる。それが元気(げんき)(みなもと)になるんだ。たとえ解決(かいけつ)方法(ほうほう)()つからなくっても。
 あたしだって、もしもティナちゃんと()()わなかったら、『(よる)カフェ』を(つく)らなかったら、(いま)もきっと(うらら)ちゃんと(おな)じ、一人(ひとり)ぼっちのままだった。
「ねえ、(うらら)ちゃん。()場所(ばしょ)学校(がっこう)だけじゃないよ。(つぎ)は『(よる)カフェ』で()おうね!」


倉橋燿子(くらはし・ようこ)
広島(ひろしま)(けん)()まれ。上智(じょうち)大学(だいがく)卒業(そつぎょう)出版(しゅっぱん)(しゃ)勤務(きんむ)、フリー編集(へんしゅう)(しゃ)などを()作家(さっか)デビュー。「(かぜ)(みち)しるべに……」シリーズほかで(だい)人気(にんき)(はく)す。児童(じどう)(しょ)のおもな作品(さくひん)に、「いちご」「(あお)天使(てんし)」「(つき)(ねむ)(いえ)」「パセリ伝説(でんせつ)」「魔女(まじょ)診療(しんりょう)(じょ)」「ドジ魔女(まじょ)ヒアリ」「ポレポレ日記(ダイアリー)」「(よる)カフェ」(以上(いじょう)、いずれもシリーズ作品(さくひん))、『()きているだけでいい!~(うま)がおしえてくれたこと~』『小説(しょうせつ) (こえ)(かたち)』(原作(げんさく)()大今(おおいま)良時(よしとき))などがある。

近刊(きんかん)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み