強くなりたい。将棋の世界ではそれが全てだった。

文字数 4,681文字

話題の作品が気になるけど、忙しくて全部は読めない!

そんなあなたに、話題作の中身を3分でご紹介。

ぜひ忙しい毎日にひとときの癒やしを与えてくれる、お気に入りの作品を見つけてください。

今回の話題作

綾崎隼『ぼくらに嘘がひとつだけ』

■POINT

・将棋に没頭する2人の少年が抱いた疑念とは

・自分は誰の子どもなのか、揺れるアイデンティティ

・心身ともに削り続ける――すさまじい将棋の世界

■将棋に没頭する2人の少年が抱いた疑念とは


「勝負の世界はいつだって非情だ」

常に勝負の世界に身を置いている人たちの心を、私たちは知らない。

勝つために全てを捧げる。できることはすべてやった。だからと言って、勝てると限らない。そして、負けたとしても、再び立ち上がらなければ、欲っしているものは手に入らない。


綾崎隼『ぼくらに嘘がひとつだけ』。

舞台は棋士たちが切磋琢磨する将棋の世界。エリート棋士の父を持つ長瀬京介と、無名の女流棋士の息子、朝比奈千明が出会い、互いに奨励会で研鑽を積んでいく。

史上最年少で奨励会に上がった京介。しかし、3級で停滞してしまい、その傍らで千明はたった1年で1級へと上がっていく。

最初は反発感があったものの、互いにかけがえのない存在になっていく2人。プロ棋士を目指して将棋に取り組んでいたが、あるとき、出生時に2人が取り違えられていたかもしれないという疑惑が持ち上がる。実は、千明の母・睦美と、京介の母・梨穂子はかつて女流棋士仲間で、同じ病院で1日違いで出産していたのだ。さらに、京介が生まれた翌日、そして千明が生まれた2日後に、調乳室で火事が起こっていた。火事に乗じて京介と千明は入れ替えられたのではないか――2人の中で自らの出自に関する疑惑が大きくなっていく。果たして、真相は。

■自分は誰の子どもなのか、揺れるアイデンティティ


京介と千明をとりまく周囲の環境は大きく違っていた。京介は経済的にも恵まれており、仲の良い家族関係を築いている。一方、千明は母子家庭。母の睦美との関係も悪いわけではないが、心が不安定な睦美のことを、千明はいつも心配していた。京介と違い、千明は将棋だけに集中していればいいという状態ではなかった。それでも、千明は努力を重ね、勝ち進んで行く。自身のことを天才だと言い、どこか上から目線な物言いだが、そうやって自分を奮い立たせているのかもしれない。京介は千明の置かれている環境を知り、自分がどれだけ恵まれた場所にいるのかを実感する。同時に、千明のほうが自分より成績が良いということに、京介は焦りを感じる。

お互いに、嫉妬がないわけではないだろう。そこで浮上した出生時の取り違え疑惑。京介は不安にならざるを得ない。エリート棋士である父の血を引いているのは、自分ではなく千明だったとしたら。遺伝子が才能を決めるのか。揺れる京介の心情が丁寧に描かれている。

■心身ともに削り続ける――すさまじい将棋の世界


プロ棋士になるにはさまざまな壁があり、多くの人間がゴールにたどり着けずにその道を外れていく。しかし、プロ棋士というゴールに達した途端に、そこは新たなスタート地点になる。負ければ降格。負けが続き、級も下がっていくと勝負勘も鈍ってくる。一度落ちたものはなかなか這い上がれないという非情な世界が描かれている。まさに、弱肉強食の世界だ。

また、年齢も棋士たちには大きく影響してくる。そもそも、プロになるのにも年齢制限がある。一定の年齢を越えれば、体力も読みも鈍ってくる。それでも勝たなければプロとしては続けていけない。勝つためにそれまで以上に研究を重ねる。京介の父・厚仁も、棋士として実力のある人物だが、タイトルを獲ったことはない。挑戦権を得ても、勝てなければまた振り出しに戻る。そんな中でくじけず、戦い続ける胆力。尋常な精神状態では生き残れないのではないか。

心の揺れは勝負に直結する。化け物のような人たちが集う棋界を戦い、進み続ける少年たちの姿は、読む者までも奮い立たせてくれるはずだ。

今回紹介した本は

『ぼくらに嘘がひとつだけ』

綾崎隼

文藝春秋

1760円(1600円+消費税10%)

「忙しい人のための3分で読める話題作書評」バックナンバー

「推しって一体何?」へのアンサー(『推し、燃ゆ』宇佐見りん)

「多様性」という言葉の危うさ(『正欲』朝井リョウ)

孤独の中で生きた者たちが見つけた希望の光(『52ヘルツのクジラたち』町田そのこ)

お金大好き女性弁護士が、遺言状の謎に挑む爽快ミステリー(『元彼の遺言状』新川帆立)

2つの選択肢で惑わせる 世にも悪趣味な実験(『スイッチ 悪意の実験』潮谷験)

「ふつう」も「日常」も尊いのだと叫びたい(『エレジーは流れない』三浦しをん)

ゴッホはなぜ死んだのか 知識欲くすぐるミステリー(『リボルバー』原田マハ)

絶望の未来に希望を抱かざるを得ない物語の説得力(『カード師』中村文則)

黒田官兵衛と信長に叛旗を翻した謀反人の意図とは?(『黒牢城』米澤穂信)

恋愛が苦手な人こそ読んでほしい。動物から学ぶ痛快ラブコメ!(『パンダより恋が苦手な私たち』瀬那 和章)

高校の部活を通して報道のあり方を斬る(『ドキュメント』湊かなえ)

現代社会を映す、一人の少女と小さな島の物語(『彼岸花が咲く島』李 琴峰)

画鬼・河鍋暁斎を父にもったひとりの女性の生き様(『星落ちて、なお』澤田瞳子)

ミステリ好きは読むべき? いま最もミステリ愛が詰め込まれた一作(『硝子の塔の殺人』知念実希人

人は人を育てられるのか? 子どもと向き合う大人の苦悩(『まだ人を殺していません』小林由香)

猫はかわいい。それだけでは終われない、猫と人間の人生(『みとりねこ』有川ひろ)

指1本で人が殺せる。SNSの誹謗中傷に殺されかけた者の復活。(『死にたがりの君に贈る物語』綾崎隼)

“悪手”は誰もが指す。指したあとにあなたならどうするのか。(『神の悪手』芦沢央)

何も信用できなくなる。最悪の読後感をどうとらえるか。(『花束は毒』織守きょうや)

今だからこそ改めて看護師の仕事について知るべきなのではないか。(『ヴァイタル・サイン』南杏子)

「らしさ」を押し付けられた私たちに選ぶ権利はないのか(『川のほとりで羽化するぼくら』彩瀬まる)

さまざまな「寂しさ」が詰まった、優しさと希望が感じられる短編集(『かぞえきれない星の、その次の星』重松清)

ゾッとする、気分が落ち込む――でも読むのを止められない短編集(『カミサマはそういない』深緑野分)

社会の問題について改めて問いかける 無戸籍をテーマとしたミステリー作品(『トリカゴ』辻堂ゆめ)

2つの顔を持つ作品たち 私たちは他人のことを何も知らない(『ばにらさま』山本文緒

今を変えなければ未来は変わらない。現代日本の問題をストレートに描く(『夜が明ける』西加奈子)

自分も誰かに闇を押し付けるかもしれない。本物のホラーは日常に潜んでいる(『闇祓』辻村深月)

ひとりの女が会社を次々と倒産させることは可能なのか?痛快リーガルミステリー(『倒産続きの彼女』新川帆立)

絡み合う2つの物語 この世に本物の正義はあるのか(『ペッパーズ・ゴースト』伊坂幸太郎)

新たな切り口で戦国を描く。攻め、守りの要は職人たちだった――(『塞王の楯』今村翔吾)

鍵を握るのは少女たち――戦争が彼女たちに与えた憎しみと孤独と絆(『同志少女よ、敵を撃て』逢坂冬馬)

運命ではない。けれど、ある芸人との出会いがひとりの女性を変えた。(『パラソルでパラシュート』一穂ミチ

吸血鬼が受け入れられている世界に生きる少女たちの苦悩を描く(『愚かな薔薇』恩田陸)

3人の老人たちの自殺が浮き彫りにする「日常」(『ひとりでカラカサさしてゆく』江國香織)

ミステリーの新たな世界観を広げる! 弁理士が主人公の物語(『特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来』南原詠)

大切な人が自殺した――遺された者が見つけた生きる理由(『世界の美しさを思い知れ』額賀澪)

生きづらさを嘆くだけでは何も始まらない。未来を切り開くため「ブラックボックス」を開く(『ブラックボックス』砂川文次)

筋肉文学? いや、ひとりの女性の“目覚め”の物語だ(『我が友、スミス』石田夏穂)

腐女子の世界を変えたのは、ひとりの美しい死にたいキャバ嬢だった(『ミーツ・ザ・ワールド』金原ひとみ)

人生はうまくいかない。けれど絶望する必要はないと教えてくれる物語たち。(『砂嵐に星屑』一穂ミチ)

明治の東海道を舞台としたデスゲーム。彼らがたどり着くのは未来か、滅びか。(『イクサガミ 天』今村翔吾)

自分の友達が原因で妹が事故に遭った。ぎこちなくなった家族の未来は?(『いえ』小野寺史宜)

ある日突然、愛する人が存在ごと世界から消えてしまったとしたら?(『世界が青くなったら』武田綾乃)

あり得ない! 事件を一晩で解決する弁護士・剣持麗子、見参。(『剣持麗子のワンナイト推理』新川帆立)

想いは変わらない……夫婦が織りなす色あせない「恋愛」(『求めよ、さらば』奥田亜希子)

別れ、挫折、迷い。それぞれが「使命」を見つけるまでの物語(『タラント』角田光代)

骨太リーガルミステリが問いかける。正義とは正しいのか。(『刑事弁護人』薬丸岳)

思うようにいかない人生に、前を向く勇気をくれる一冊。(『オオルリ流星群』伊与原新)

読んでいる者の本性を暴く? 爆発を予言する男との息詰まる舌戦!(『爆弾』呉勝浩)

リアルとフィクションが肉薄……緻密な取材が導き出す真実とは?(『朱色の化身』塩田武士)

沖縄本土復帰直前に起こった100万ドル強奪事件! 琉球警察に未来が託される(『渚の螢火』坂上泉)

舞台は公正取引委員会! ノンキャリ女性の奮闘劇(『競争の番人』新川帆立)

思わず「オーレ!」と叫びたくなる! 新感覚の闘牛士×ミステリー(『情熱の砂を踏む女』下村敦史)

孤独な青年が音楽教室を舞台に裏切りと奏でる喜びに揺れ動く(『ラブカは静かに弓を持つ』安壇美緒)

少し苦いけれど、ハッピーになれる現代のおとぎ話(『マイクロスパイ・アンサンブル』伊坂幸太郎)

愛と別れを経て人は強くなる。孤独と寂しさを乗り越える物語。(『夜に星を放つ』窪美澄)

映画界を舞台に躍動する女性たち…挫折と希望のお仕事物語(『スタッフロール』深緑野分)

宇佐美りんが描く、生々しい家族の慟哭(『くるまの娘』宇佐美りん)

食を通じて暴かれる? 人間の本性とは。(『おいしいごはんが食べられますように』高瀬隼子)

こんな世界で暮らしたくない……でもやがて来るかもしれない世界に背筋が凍る(『信仰』村田沙耶香)

誰も信用できない、意外な着地点……予想外の展開が爽快!(『入れ子細工の夜』阿津川辰海)

これが令和のミステリ作品。リアルな設定にゾッとする。(『#真相をお話しします』結城真一郎)

好きな人と一緒にいたい…その想いがままならないもどかしさ(『汝、星のごとく』凪良ゆう)

私たちは意図せず詐欺に加担しているかもしれないという恐怖(『嘘つきジェンガ』辻村深月)

人間の表と裏を描く令和の人間模様(『嫌いなら呼ぶなよ』綿矢りさ)

80年前の写真が現代に語りかける戦争の記憶(『モノクロの夏に帰る』額賀澪)

強くなりたい。将棋の世界ではそれが全てだった。(『ぼくらに嘘がひとつだけ』綾崎隼)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色